普段歩かないくうちゃんが、1時間歩く!!

我が家に猫が来てくれて、すっかり猫化した長男のくうちゃん🐈

にゃー助の成長が落ち着いてからは、
長雨が続き、暑くなり、残暑が厳しくなり、
暑さが和らぐ夕方には蚊が出てきたり。
そんな理由から、お散歩からすっかり遠のいていたくうちゃん。

そんなくうちゃんが、お日様がまぶしいと言いながらも、
1時間歩き回りました✨

それには、猫を探すという目的があったから。

にゃー助のお母さん猫が、お腹に赤ちゃんがいるだろう状況で
姿が見当たらなくなってしまったのを聞いたので、
いてもたってもいられず
ちゅ~るを持って探し回りました。

絵と言葉のやりとりをするようになった
おじさんの所へも行き、
🐈の捜索依頼のお手紙も書いてきました。

残念ながらお散歩の間は見つからずでした。

くうちゃんの中には、

もし、お母さん猫がまたにゃー助の時みたいに
育児放棄してしまったら、
せっかく産まれた命が死んでしまう。

そうならないように、
もし、その辺で弱ってる子猫がいたら、
助けてあげないと。

そんな気持ちがありました。

双子で産まれてきたにゃー助は、
きょうだいのみゃーこが死んでしまってから
しばらく声を失いました。
ミルクの飲みもとても悪くなりました。

そんなにゃー助の姿も見ているから、
猫のきょうだいがほしいんじゃないか。

そんな気持ちもあるみたい。

にゃー助と寄り添いながら寝て、
一緒にじゃれて、遊んで、走り回って、
また一緒に寝て。

最近のくうちゃんは本当に猫(笑)

私に甘えてくるにゃー助、
ご飯を選り好みするにゃー助、
「にゃー助、僕とそっくりだよね。
 産まれた場所も同じだからかな✨」
って嬉しそうに話すくうちゃん。

くうちゃんが産まれた助産院で繋がったご縁。
「産まれた場所」が私だけじゃなくて、
くうちゃんにとっても特別な場所になった。
そこにまた嬉しさを感じた。

目的があれば、体は自然にうごく。
やりたくない不自然なことをやると、
からだはこわばる。緊張する。

自然体でいこう😊

スポンサーリンク