自分を責めた出来事も、どんな自分自身も、感謝に変わる。

昨日、くうちゃんと2年生まで同じクラスだった女の子が
手作りのチョコを持ってきて来てくれた乙女のトキメキ

学校の先生が来るのとは全然反応が違う。
ゲームを中断して玄関まで走ってくる。
くうちゃんがどれだけ嬉しいか、表情と行動をみればほんとによくわかったおねがい

「ありがとう。久しぶりだね。なんか大きくなったね。

僕のこと、覚えていてくれて嬉しい。」

少し泣きそうな顔でそう伝えてた。

私は、この言葉を聞いて涙が止まらなくなったえーん

くうちゃんは、
僕のこと、忘れらたらさみしいな

ってそんな気持ちをずっと持っていた。

私の涙の理由は

自分を責めたからえーん

くうちゃんが嬉しそうな顔をみて嬉しいって気持ちもあったけど、

私、もっとがんばれたんじゃないかって。
くうちゃんと友達の関係性を続けるためにできたことって、もっとあったんじゃないかって。

久々に自分を責める気持ちがむくむくと湧き上がってきた。

学校の環境やシステムは確実にくうちゃんに合わないから、

学校に行かない選択はもう迷いがなかったはずなのに、
友達との関係性を切ってしまったのかな、

もっと学校での過ごし方を模索すればよかったのかな。

学校のシステムや先生の立場とか考慮しながら

学校側に合わせて付き添い登校するんじゃなくて、

将来の不安からなんとか学校になじませようとするのではなくて、

もっとくうちゃんの素直な気持ちや特性を伝えて、

学校のシステムなんて関係なく、学校のシステムを大改築するくらいの勢いで

どんどん介入していけばよかったかな。

今の私だったら、こんな風に学校と関われただろうって気持ちもあるから、

その気持ちが以前の苦しかったけどがんばっていた自分を責め始めたショボーン

この思考回路、確実に昔の私のパターンが出てる。
くうちゃんはただ単に感じたことを言っただけで、
すぐ次の「今」に移る。

涙が止まらない私の横で、ゲームを楽しんでる。

私は、

くうちゃんにこんな寂しい思いをさせてしまった。

それは私のせいだって責める。私がだめだったからだってショボーン

この思考回路。

不登校に悩んでいた時期はこの気持ちのぐるぐるがなかなか止まらなかった。

足りないところやだめな感覚になるところばかりに目がいった。

そして、家族の前では笑顔でいながら、かくれて一人で泣いていた。

昨日は、この私、まだいたんだねって思いながら、

とりあえず泣きたいから泣くを子供たちの横でもし続ける私。

「さとこちゃん泣いてる~」

って言いながらゲームするくうちゃんとちーぼー。

「今泣きたい。なんか涙がとまらないの~。」って泣き続ける私。

「覚えててくれて嬉しいっていうのがさとこちゃんも嬉しかったんでしょ」って

時々私を気遣うくうちゃんとちーぼー。

涙を拭きにくるねっち。
散歩から帰ってきたたけさんに私が泣いてる経過を話すけど、

たけさんは自分の話したいことを話す、全然かみ合わない会話笑い泣き

それぞれがただその時したいこと、興味があること、

その時の感情をそのまま出して一緒に時間を過ごす。

これが我が家の日常。
私が泣いていても笑ってても、怒っていても、それが

当たり前の日常として受け止めてくれる家族。

とってもありがたい照れ

たけさんに関してはもっと聞けよって思ったけどえー

ホント無関心だわ。
でもこれ、どんな今も最善だって認識してるからの行動。
どんな状態でも大丈夫だよって信頼をしてくれてるからだとは思う照れ

にしたってさ
ちょっと頭なでなでしてくれるとか、ぎゅってしてくれるとかないの?って思ったけど

まあこれがたけさんというお人柄ニヤリ

私が寝る前にパソコン作業続けるたけさんに、

少しだけハグ要求してから昨日は寝ました。

今の私には

全てを受け止めてくれる家族がいて、

同じ境遇で気持ちを打ち明けられる仲間がいて、

私の在りたい生き方や考え方を知ってくれて、全部ベストだって

どんな私も好きだって言ってくれる友達がいて、

私がここに存在してくれてることが希望であり喜びだって声をかけてくれる仲間もいて。

その中で安心して全部の自分を出せる私がいる照れ

リビングに貼り付けてある私の宝物にも目がいく。

セッションに来てくれるお客さんがお誕生日にくれたメッセージカード。
「さとこさんが存在してくれて こんなに近くに居てくれて感謝です!!」

私のまわりには宝物だらけ。

ほんとにひとりじゃないんだな。

みんなつながってるんだなって思える。

一晩たって、
結局昨日の自分を責めた出来事も、そんな自分自身も感謝に変わった。
みんなありがとう✨大好きですラブ

今日は私の生き方を変えてくれた、くうちゃんの誕生日。
産まれてきてくれて本当にありがとうラブラブ

Facebookページ「いいね!」

フォローする

シェアする