さとこの自己紹介

このページをご覧いただきありがとうございます。

3人子育てママのさとこです。

自宅の一室で、NESセラピーによる波動調整とスピリチュアルカウンセリングで心をゆるめ、
H2メソッドによるボディケアで体をゆるめるお手伝いをしています。

昔の私は、自分のことを責めてばかりでした。

私のどこがいけないの?

何が足りないの?

何を手放して、どこを修正していけば毎日幸せに生きられるの?

もう、こんなつらいの嫌だよ、早く楽になりたい。

自閉症に不登校の長男、アトピーでかゆくて眠れない次男、私は自分の身も心も削って、一人きりで子育てに奮闘する日々でした。

先の見えない不安に覆われ、楽しいと感じることは一瞬もなかったです。

笑顔がない私に、泣きながら息子が言った一言。

「お母さんが笑ってくれていれば、それだけで僕は幸せなんだよ」

そのことばが私に染みわたり、子供を何とかしようという視点から、自分を見つめる作業を始めた私。

そして、2018年6月、3週間に及ぶ高熱と、動くと息が止まりそうになるくらいの激しい痛みが体を襲います。

症状には意味があると思っていた私は、必死に体と心に問いかけます。

すると不思議なことに、自分への問いかけに対して体が動いて返事をくれたり、ことばが頭に浮かんできたのです。

この時をきっかけに、私と見えない存在との対話が始まりました。

ペンを持つと勝手に手が動き、言葉を紡いでいきます。

その言葉の数々は、大嫌いだった自分の癖も、感情も全てを包み込み、ひたすら大好きだと、愛していると繰り返し伝えてくれたのです。

自分の作った荒波の中にいた私が、愛の言葉のシャワーを浴びることで、だんだんと静けさを取り戻したように感じます。

言葉のひとつひとつを大事にかみしめながら生活をつづけたこの2年間。

今の私は、自分のことを大好きと思えるようになりました。

今感じることをしっかり味わいながら、どんな感情もどんな状況も、丸ごと包める自分になりました。

自分のことを責めてばかりで大嫌いだった昔の自分は、今の私の中に大事な一部として一緒にいます。

大きな愛に包まれているってことがわかったから。

私たちは既に愛の中にいます。

私を通じて伝えられる見えない世界からの言葉の波が、少しでもみなさんと共鳴し、自分を丸ごと抱きしめてあげるきっかけになったり、自分は素敵だって、大事な存在だって感じてもらえたら私はとても幸せです。

自分自身の中にある愛、大事な人への愛、もともと包んでくれている大きな愛、全部がつながって、地球を愛で満たすこと、これが私の使命なんだと思っています。

たくさんのラブレターがあなたの元に届きますように。

私、柳澤智子(さとこ)について。 1981年、3女として生まれる。 サラリーマンの父、パートの母、6歳5歳年上の姉が2人の5人家族。...

看護大学卒業後。つらいつらい日々のスタート 地域の100病床位の病院に就職。出産からターミナルまで全科ごちゃまぜの病棟。 新...

SNSフォローボタン

フォローする

シェアする