子曰はく「盍ぞ各々なんじの志を言はざる」と。

不登校のみなさん、「勉強がしたくても学校へ行けないから…」は意味不明な発言です。

「勉強するためには学校へ行かなければならない」は単なる思い込みです。

学校へ行かなくても勉強できます。

「学校へ行ってないから勉強できない」は単なる言い訳です(笑)

なんぞなんじ勉強せざる?

例文を覚えて漢文マスター!

再読文字、「盍」

なんぞ~ざる、と読みます。

どうして~しないのか?という意味ですね。

子曰はく「(なん)(おのおの)(なんじ)の志を言はざる

子曰「各言爾志

「どうしておまえたちは自分の志を言わないのかね?」と孔子が弟子の顔淵と子路に言ったセリフですね。

すると、子路は答えました。

「願はくは車馬衣装、朋友と共にし、之を破るも恨み無けん」

「車や馬や着物や毛皮の外套を友人と共に使用し、それが壊れても恨まないようになりたいものです」とのこと。

友達思いですね、子路さんは。

そんな子路さんと友達になりたい!

でも、子路さんに甘えちゃいそうですね。

子路さんは、友達から利用されそうです。

子路さんは社会主義思想に近いですね。

みんな仲良く、平等に食料や物を国で分かち合って…そしたらみんな働かなくなっちゃったみたいな…

もう一人の弟子、顔淵はこう答えました。

「願はくは善に誇るなく、労を施すなからん」

善行を誇ることがなく、苦労なことを人に押し付けることがないようになりたい、とのこと。

なんか普通ですね。

そして、何気に自分は善いやつだアピールしてますね。

善行を誇るのも誇らないようにするのも、自分が善行をしていると思っていないとできません。

さて、気になる孔子の理想は?

「老者は之を安んじ、朋友は之を信じ、少者は之を懐けん」

老人の心を安らかにさせ、友人から信頼され、若者から親しまれるようになりたいものだ。

ということですが、孔子は誰からもモテたいスーパースターを目指してました。

仁や徳もいいですが、それを重んじると自分を苦しめます。

さらには周りの人も苦しめます。

仁や徳を重んじない人を許せなくなるからです。

では僕の理想像はというと…

貸したものこわされたって別によくね?

善行できなくても別によくね?

善行できても別にいいよね?

それでまあ老人の心が安らかになり、友人・若者がしたってくれるようになれば嬉しいことだ。

信頼が得られなかったならそれまでのこと。

友人若者はそのように評価しただけですから。

自分の人生がそれで終わるわけではありません。

もっと言うと、「あの人は私のことを評価してくれていない」と他人を評価しているのは自分自身であることに気づくことです。

なので、理想像ってあまり作るのよくないかもしれませんね。

そこに近づけたとしても、漸近線みたいに手が届きそうで届かない、コースターを走るハムスターになりかねません。

でも、それはそれで楽しいことなのかなと最近思います。

なぜなら…

勉強には果てがありませんが、やってて楽しいからです。

ハムスターも「うわっ何このコースター!めっちゃ楽しい!」と思って走り続けるのは素晴らしいことだと思います。

ただ、楽しくても埋没しすぎるのはやはりよくありません。

それは耽溺ですね。

今を見失わず楽しむことです。

楽しく自然に人生を生きることが理想ですね。

無為自然。

僕には儒教よりも道教のほうがあっているかもしれません。