「景公怒りて戈を援り、将に自らこれを撃たんとす」将に~す。

※不登校のみなさんへ。

学校の枠にとらわれず自由に勉強できる今がチャンスです。

「景公怒りて戈をとり、将に自らこれを撃たんとす劉向「説苑」

けいこういかりてほこをとり、まさにみずからこれをうたんとす

景公は怒って戈を手に取り、今にも自分でその者を撃ち殺そうとした

景公怒援戈、自撃之。

再読文字

「将~」まさに~す

劉向「説苑」

圉人(ぎょじん)の罪

景公は馬を飼っていた。(馬を大切にしていた)

馬を飼う役人が馬を殺してしまった。

公は怒り戈を手に取り、自ら役人を撃ち殺そうとした。

晏子が言うには、

「この者は自分の罪を知らずして死ぬことになります。どうか私に君の為に罪を数え上げて責め、罪を知らしめて殺させてください。」

公が言うには、

「よかろう。」

晏子戈を挙げて役人に向かって言うには、

「お前は、吾が君の為に馬を飼っていたのに殺してしまった。

お前の罪は死に当たる。

お前は吾が君を馬の一件で人を殺させることになる。

お前の罪は又罪に当たる。

お前は吾が君を馬の一件で近隣の王様に悪い噂を広めさせることになる。

お前の罪は又死に当たる。」

景公は言った、

「晏子役人を許してやれ、晏子役人を許してやれ。私の仁を傷つけないでくれ。」

書き下し文

景公馬有り。

其の圉人之を殺す。

公怒りて戈を援り、将に自ら之を撃たんとす。

晏子曰はく、

「此れ其の罪を知らずして死す。

臣請う君の為に之を、其の罪を知ら令めて之を殺さん」と。

公曰はく、

「諾」と。

晏子戈を挙げて之に臨んで曰はく、

「汝吾が君の為に馬を養ひて之を殺す。而の罪死に当たる。

汝吾が君をして馬の故を以って圉人を殺さしむ。而の罪又死に当たる。

汝吾が君をして馬の故を以って人を殺し、四隣の諸侯に聞こえしむ。

汝の罪又死に当たる」と。

公曰はく、

「夫子之を釈せ、夫子之を釈せ。吾が仁を傷なう勿かれ」と。

白文

景公有馬。

其圉人殺之。

公怒援戈、将自撃之。

晏子曰、

「此不知其罪而死。臣請為君数之、令知其罪而殺之。」

公曰、

「諾。」

晏子挙戈而臨之曰、

「汝為吾君養馬而殺之。而罪当死。

汝使吾君以馬之故殺圉人。而罪又当死。

汝使吾君以馬故殺人、聞於四隣諸侯。汝罪又当死。」

公曰、

「夫子釈之、夫子釈之。勿傷吾仁也。」

スポンサーリンク

Facebookページ「いいね!」

フォローする

シェアする