休符のなかに詰まってるもの

ライブの時の好きな時間。
SEを止めて準備オッケーの合図をしてから
カウントが入るまでの沈黙。
この沈黙の時間から聴くことってもう始まっていて、
その時間につまってるものがたくさんあると思う。
そんな詩ができました✨

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

右手があがり 音がやむ
カウントの前の数秒間
曲の前に生まれる音
この静けさに音は還る

声の前の吸い込む音
紙に植えたコトバの種
コトバの前の歓びに
心を合わせて声をだす

たくさんの疑問符を
かきけしてくれる休符たち
無音の中にあるキモチ
音になって流れ出す

休符がくれる始まりは
決して終わることがない

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コロナの期間、たくさんの人に休符がプレゼントされたと思う。

私はこの休符の期間に、たくさんの詩が生まれた。
数えてみたら4月末から15コ。
2日か1日にひとつ、ことばの粒が私のところに来てくれてた✨

私、こうやってのんびり時間をすごして、
妄想して、ことばを紡いでいく。
それが好きなんだなって認識できた時間。

今までになかった私の楽しみと出会うことができた。

休符をしっかり休むこと、味わうことで、
産まれてくるものがあるんだと思う。

ライブの時の曲が始まる前の沈黙。
この沈黙の中に、色々な気持ちが混ざり込む。
その日のドラムの叩き方がどんな感じになるか、
この沈黙のキモチの感じでなんとなくわかることもある。

最初緊張した沈黙でも、
バンドメンバーや聴いてくれてる人のパワーが混ざって
笑顔に変わる。音楽と人のチカラって本当に素敵。

この沈黙の中に、休符の中に、たくさんのものが詰まってて。
数秒の沈黙の中にあるたくさんのキモチとコトバ。
休符がある限り、音はなり続ける。

始まりのような、終わりのような、でも終わりはない。
そんな感じの沈黙や休符が私は結構好き。
休符でみんなで息を合わせる。
休符の後に、一緒にそろって音を出した時。
ピタッと合うと本当に気持ちいい💕

休符の後の世界に、どこに息(自分の心)を合わせる?

休むことで生まれるもの、始まるもの、
気づくことってたくさんある。

休みきれないままスタートを切ったときは、
どこかでほっとする時間をとってあげるといいと思う。

ほこっとできる時間、それを今日はプレゼント✨
スタートし始めて疲れた時、
休みのやり直しをしたいとき、使ってください✨

今日も最後まで読んでくれてありがとう💕
みんな大好きです💕

スポンサーリンク