また自分責めてた

昨日くうちゃんとちーぼーが、夕方からごちゃごちゃし始めた。
発端は、お風呂でちーぼーが口から水を出して遊んでいて、
その時にくうちゃんの鼻に水が入ってしまったこと。

そこでまずくうちゃんは、ちーぼーの頭を押さえつけて
頭をお湯につけようとする勢い。

私の「何すんの!」の怒鳴り声と共に、その行動は止められた。

ちーぼーはくうちゃんの様子を見て、慌てて謝ってた。

でも、くうちゃんは気持ちがおさまらない。
静かな反撃が始まった。

その後も、スイッチを断固ちーぼーには渡さない。
ちーぼーが気に入っている
太鼓の達人のダウンロードしたものを消去までしていた。

にもかかわらず、「太鼓の達人どうぞ」とスイッチを渡され、
太鼓の達人が消されていることに気が付き大泣きするちーぼー。

そんなことするなら、しばらく
くうちゃんはスイッチやらないで!!!
と私に言われ、ふてくされるくうちゃん。

その後も、ちーぼーがやろうとするのを断固拒否。
自分の体の下にスイッチを隠したまま、
ちーぼーの言葉を無視し続けるくうちゃん。

毎日くうちゃんの顔を伺いながら、くうちゃんに確認をしながら
くうちゃんの許す範囲でしかスイッチをやらせてもらえない
次男というポジション。

そこに加えて私には嫌がらせとしか思えない今日の行動。

くうちゃんが、嫌だと思ったことがあったとき、
口より手が先に出てしまう傾向が強いのはよくわかってる。

そこはまだ言い続けるしかないとしても、
その後の行動が私にとってはすごく嫌だった。

自分を大事にするのは大前提。
でも、それは単なるわがままとは違うし、
自分が大事にできるからこそ、
相手のことを大事に思えるんだと思ってる。

自分がやられて嫌なことはしない。
そこだけは、私は子どもたちに守ってもらいたいと思っているところ。

だからとってもくうちゃんの一連の行動は嫌だった。
ちーぼーが嫌がることをあえてしているように見えたから。

私がくうちゃんにお説教し始めて、
くうちゃん、ちーぼ、私のやりとりを聞いていた夫たけさん。

「さとこちゃんが一番かわいそうに見えるなあ。
いや、ちーぼーが一番かわいそうか。
次にさとこちゃん。」

と言いながら、私のところにきて、
よしよしって頭をなでて、
おっぱいさわって、おなかのぜい肉をぷにぷにしてくるたけさん。

まあそのへんはいいとして(笑)

なんで私がかわいそうなの?って聞いたら、
「そんなに自分を責めなくていいんだよ。
 さとこちゃんのせいじゃない。」

その時初めて気が付いた。

そう、私、自分を責めてた。

私の育て方じゃやっぱりいけなかったのかな。
人と接する機会、やっぱり少なくなってるからいけないのかな。

たけさんの一言で、
また自分を責め立ててる自分に気が付いて泣けてきた。

そこからは少し冷静になれた。
くうちゃんの横に座って、おちついて話すことができた。

くうちゃんに求められる抱っこを「今は嫌だ」と断ってたけど、
抱きしめながら話すことができた。

その後少し距離を置こうと、私は2階にいた。
そして、しばらくしたら二人でニコニコしながら私のところにきた。

「仲直りしたんだ」
「うん、ゲームでねー。」って。

子どものケンカって、親が口をはさむとよけいこじれることも多い気がする。
「こういう時って、何て言うんだっけ?」とか言って
謝らせる行動をとらせようとしたり、
こうこうこうじゃないの?って行動を諭したりする。

でも、そういうことをイラっとしながらしてしまった後で、
問題は子供たちの行動じゃないんだよなって思う。

行動の裏にある気持ちをしっかりだし合えたら
自然と仲直りして遊びだす。
そこを待っていればいいんだよなって思いつつ、
口をつっこみたくなる。

子どものケンカととか、その他イライラする出来事は、
結局は私の中の思い込みがしっかり認識できる機会。
出来事や相手をコントロールしたくなって
色々言いたくなるなるときは、
私自身に自信がないことも多い。
子どもだけじゃなくて、私自身が、
自分を守ろうとして、あーだこーだ言い出す。

自分のくせとか、思い込みにフォーカスをあてると
冷静になれて、
「結局私じゃん」ってなる。

今回それを誘導してくれたのがたけさんだった。
その後まだびっこ引いてる足でお酒を買いにも行ってきてくれた。

そして、買い物に出る前に「さとこちゃん一杯飲む?」
って聞かれたけど、「結構おなかいっぱいだから大丈夫」って断った。
にも関わらず、めずらしく今日は買ってきてくれた。
しかも少し前私が買おうか迷ってたレッドアイ。
ちゃんと私のつぶやき、聞いててくれたんだ。

なんだか嬉しくて、結局すぐ飲み干した(笑)

たけさんは私のこと、
ちゃんとわかってくれてるんだな~。

そんなことも感じられた昨夜でした。

ありがとう✨

スポンサーリンク