ケガからの気づき

たけさんが動けなくなって数日。
服着たり脱いだりを手伝ったり、
キッチンからカウンター越しに飲み物を渡すにも立てないから
ぐるっと回って渡しにいく。
こういったちょっとちょっとの手間がなかなかにあるんだなと思った。

子どもが遊んで~って時も、ちょっと遊んであげてって頼めない状況。

久しぶりに本当に家事全部と子どもの相手全部が主婦業としてやってきた。
そして、そこにたけさんのお世話?が入る。

「もー!!一気に言わないで~!!」

ってなりました💦

たけさんへの感謝の気持ちを抱いたのもつかの間(笑)
もしかして庭の草取りとか、自治会の配りものとか、
自治会の集金とかやりたくなかったからケガしたのか!?
って思ってみたり(笑)
動けないのをいいことに
夜更かししてDVDを見て、朝のーんびり寝ているたけさんに
ちょっと ん? と思った私でした。
てんてこまいで動いてる私みて、
「ほら、普段僕ってありがたいでしょ」って言ってくるし。
さすがだわ、たけさん(笑)

ここで気づきました。私の特性。
私って、そういえば要求に答えられない自分はだめだって思う傾向があったんだって。
確かに昔から頼まれたことは断らずにきっちりやってたし、
それでキャパオーバーでも背負いこみすぎてきつくなってることもよくあった。
完璧主義でもあったし。

ムリだとか、嫌だって言えるようになったから
昔に比べてだいぶ緩んではいるけど、
今日ふとそんな風に再認識しました。
要求に答えられない自分はだめな人間ってジャッジしてることに。
だから、もー!!ってイライラしだすんだって。

同時に最近感じてたことの意味もしっかり認識。
自分が特別だって思ってる人たちには、同じように私のことを特別だって
感じてて欲しいって思ってる自分がいたこと。

これって、相手からも認めて欲しい、そう思ってるってことだと思う。
ってことは、ってことは、
自分自身をもっと認めてあげていいんだよ。
そういうことだったのかな。
自分の自信のなさから相手からの認めを欲しがってたんだと思う。
やっぱり私、自分に自信なかったんだな。
怖かったり不安だったりもあったんだな。

そう感じたらやっぱり涙が出てきて。
自分によしよしってしてあげました。

たけさんのけがのおかげで、自分自身への気づきも深まりました。 🙂

さっきねっちと自転車ドライブしてて、坂道ビューンって楽しんでたと思ったら、
その数秒後コテンって自転車の後ろで寝ちゃったねっち。
カービィの漫画読んでって言ってたのに、自転車を片づけている間に寝ちゃったちーぼー。

子どもって寝る寸前まで全力で生きてることが本当にすごい。
「今」を生きる先生たちです💕かわいいな💕

くうちゃんとマリオカートをするたけさんの横で私の覚書をこうやって書く。

こういう家族の時間、何気ない時間だけど、やっぱりなんかいいな 🙂
さてさて、夜ご飯の準備にとりかかろう。

このブログの二行目、最初の文字の変換が
「服着たり」が「福来り」って変換されたことに幸せを感じるさとこでした 🙂

スポンサーリンク