からっぽ、余白、透き間

最近私は空を眺めることが多い。
仕事や学校、保育園がお休みなっていることで得られたこと。
それは時間を気にしないでのんびりすること。

鳥がなけば鳥の声を聞くし、風の音とか、朝や夜の匂いとか、
外に出て何をするわけでもなく、周りを感じる時間。
家の中でも子供の声やゲームの音とか話し声とか、
特に何をするわけでもないけど、ただそれを見て目と耳を周りに澄ます。
そうすると自分がまわりに溶け込んでいくような気がしてとても気持ちいい。

今まで自分がどれだけ「時間」というものを気にして生活してたのかがよくわかった。
時間という概念が取り払われた今の生活。
かみさまからのギフトが与えられた気分。

お庭の草取りも、今までは子供に邪魔されると、
「もー、今がやれるチャンスなのに」ってなってた。
次にやりたい家事仕事もたくさんあったから、そのことが気になって。
でもここ最近は全然気にならない。

時間を気にしない生活をしてたら、最近、なんか私、からっぽだなって思った。
からっぽって、すごく気持ちいいんだなって。
きっと私は今まで、自分という入れ物の中にたくさんの概念、価値観、物を入れすぎてた。
時間というものが抜けたときに、からっぽになった気持ちいい空間が流れるようになった。
からっぽ、余白、透き間・・・。
気持ちいい✨

毎朝からっぽになる私。
そこに何を入れようかなって考える。

ぽこんって出てきた私の気持ち。
私、誰かのことを想ってる時間が好き。
自分の中に出てきた言葉の粒を束ねていくのが好き。
誰かのことを想う、自分の中に出てきた気持ちを想う、そんな時間を過ごしてると
どうやら私は幸せ感につながるらしい。
だからこれから私の中に時間という概念を入れるとしたら、
時間の中にやることリストを詰め込むんじゃなくて、
過ごしたい時間の在り方を詰めていく。
そんな風にしていきたい。

時間に追われない今、たけさんの身の回りのこととか、家事も育児も、
今までより業務量は増えてるんだけど、大変と思ったのは最初だけで平気になった。
動けないたけさんにコーヒーを淹れるとき、めんどくささとか全然感じない自分がいた。
自治会の集金とか、たけさんがやる仕事だったことが私に回ってきても、
「迷惑かけてすまんのう」「ほんとだよ!!」って返しもしたりするけど、
意外とやっちゃうとねっちと一緒にお散歩しながら楽しくできたりした。

時間を気にしなくなったら、たけさんに淹れるコーヒーに愛情を入れれるようになった。
足が良くなるよ~ってコーヒーに話しかけながら淹れたり(笑)
子供と関わる時も、なんかのんびり。
眠いのに眠らせてもらえないときは不機嫌になるけど(笑)

私きっと、こういう時間、過ごしたかったんだろうな。
誰かのためを想ってのんびり過ごす時間。
誰かのためを思って何かを作る時間。
自分と誰か(人に限らず動植物や地球や宇宙とか見えない存在とか)、
自分と自分が
交わる時間を感じたり妄想する時間。
そしてそれを言葉に紡いでいく時間。

そんな時間が叶ってる今の状況に、感謝です💕

今の状況だから叶ってる状況が、
実は本当はずっとそうしたかったことだったかもって思ったり
気づけた大事なものだったりがたくさんある。
本当に自分が望んでいたものがからっぽになることで気づけたような気がします。

からっぽになった後に何を入れるかも、これからの私の自由。
自分が本当に入れたいものだけを入れていきたいな✨

スポンサーリンク