症状は身体と心からのメッセージ

私とたけさんは夫婦でいろいろ共有しています。
LINEやフェイスブック、スマホ、全部共有。
最近はこのブログを共有するようになって、たけさんの記事もしっかり読むようになりました。

別々にブログやっていた時は、何書いているのか知らなかったけど、
こんなこと思ってるんだっていうのをブログで確認できるのはいいなと思いました。

今朝たけさんの喘息のブログを読んでいて、さっそくつっこみと嫌味(笑)

https://nesukoma.com/zennsoku-1291

ちーぼーのアトピー2歳ころからって書いてあるけど、
まだ寝がえりもしない頃から出てましたけど!?

今は支えられてるし一番の理解者だと思ってるけど、
昔を振り返ると、全く支えられた記憶ないですけど!!

ステロイドも処方されたけど、1ヶ月どころか、実はほとんど塗ってないし!!
他のクリームを塗って皮膚を保護してからその上に薄く塗るのを数回したくらい。
事実と全然違う認識をしてるたけさん。
はい、関わっていませんでした~!!
なんて嫌味を朝から言われるたけさんでした(笑)

ちーぼーのアトピーがひどかった頃の私は、ステロイド剤は悪のように思っていました。
皮膚の吸収率が他と比べて40倍にもなる陰部に、ステロイドを塗ることは
私には抵抗がありすぎて。

長男が産まれたときから、私は子供の使うものは安全なものを追求しだして、
旧指定成分と言われるものが一切入っていない、化学物質完全ゼロのものを使っていました。
表示の見方も勉強して、買い物するときは成分表示とにらめっこ。
食品添加物にも気を付けていたので、ちーぼーの妊娠期は身体的には化学物質系の
毒素は少なかったと思います。

これだけ気を付けて生活をしてきたのに、
生まれてきたちーぼーにアトピーが出たのはなかなかに不可解でした。

そこから私は自然療法とか、代替医療、ホリスティック医療に興味を持ち始めて、
ホメオパシーを日常生活の中に取り入れるようになりました。
そして感情と臓器の関係、メタヘルスって分野があることを知って、
NESセラピーとの出会いにつながっています。

ちーぼーがおなかにいるときに私が抱いた感情。
離婚したい気持ちがマックスになった、別居資金30万を渡された事件があったころ。
「自分がもっとしっかりしなきゃ。」
「たけさんが私を攻撃してるとしか思えない。」
「なんでたけさんは子育てに協力してくれないの。」
思いっきりそんな感情持っておりました。
あたってるあたってる(笑)その分析はあってるよ、たけさん(笑)

実際ちーぼーのアトピーがおさまったのは、私の気持ちが緩んでから。
くうちゃん、学校行かなくていいか、私も自分を生きよう。
そう思えるようになってからだった。
この体験があるから、症状は身体と心からのメッセージだって確信になった。
症状を抑え込んでも、その感情が残ってればまた体は同じことをメッセージとして
送ってくれる。だからまた不調を起こす。
自分でいるために、その感情抱え込みすぎてるよって。
今の状態、不自然だよって。

NESセラピーで自分らしさを取り戻して、楽になってくれる人が増えると嬉しいな。
症状を受け止めて、気持ちが楽になると、自分にメッセージを伝えるという

症状の役割も終了するんです。
我が家はこのセラピーにほんとに救われました。

保育園卒園式頃と、最近夜になると喘息っぽくなるちーぼー。
周りからの要求をかなえようとしてくれてるのかな。
ムリしてるのかな。
久々にちーぼーの気持ちを全身スキャンでみてみよっかな。
言葉に出てくる表現ってほんの一部分。
こんなことも思ってたので、実は学校に送り出すことに少し迷いもあった。
そんな私にはありがたい休校措置です。

今も起きてきてから私にまとわりつくちーぼー。
かわいいな💕そのまんまで大事な存在だからね💕

スポンサーリンク