「暫く月と影とを伴いて、行楽須らく春に及ぶべし」月下独酌(李白)須らく~べし。

※不登校のみなさんへ。

学校の枠にとらわれず自由に勉強できる今がチャンスです。

暫く月と影とを伴いて行楽須らく春に及ぶべし」李白

しばらくつきとかげとをともないて、こうらくすべからくはるにおよぶべし

しばらく月と私の影の3人で、是非ともこの春の夜を楽しみたいものだ

暫伴月将影、行楽及春

須~:すべからく~べし。

是非とも~したいものだ。

必ず~する必要がある。

~しなければならない。

「月下独酌」げっかのどくしゃく 李白

花間 一壺の酒 かかん いっこのさけ

独酌 相親しむ無し どくしゃく あいしたしむなし

杯を挙げて 明月を迎え さかずきをあげて めいげつをむかえ

影に対して 三人と成る かげにたいして さんにんとなる

月はすでに飲むを解せず つきは すでにのむをかいせず

影は 徒らに我が身に随う かげは いたずらにわがみにしたがう

暫く月と影とを伴いて しばらくつきとかげとをともないて

行楽 須らく春に及ぶべし こうらく すべからくはるにおよぶべし

我歌えば 月 徘徊し われうたえば つき はいかいし

我舞えば 影 凌乱す われまえば かげ りょうらんす

醒むる時 同に交歓し さむるとき ともにこうかんし

酔うて後 各 分散す ようてのち おのおの ぶんさんす

永く無情の遊を結ばんとし ながくむじょうのゆうをむすばんとし

相期す 遥かなる運漢に あいきす はるかなるうんかんに

無情の遊:世俗を離れたつきあい

雲漢:天の川、仙界

春の夜、親しい友もいないので、花に囲まれ一人で酒を飲む。

杯を挙げて明月を迎えると、私の影も加わって飲み仲間が3人となった。

とはいえ月は酒を飲まないし、影は私の動きにただ従うのみ。

しばらくは月と自分の影とを友として、是非ともこの春のうちに楽しむとしよう

私が歌うと月はさまよい、私が躍ると影も舞う。

私が醒めていれば3人は一緒に楽しむことができる。

私が酔ってしまうと3人はバラバラとなる。

月とわたしと影は世俗を離れたつきあいをしようと、天の川で逢う約束をした。

「月下独酌」 李白

花間一壺酒

独酌無相親

挙杯迎明月

対影成三人

月既不解飲

影徒随我身

暫伴月将影

行楽須及春

我歌月徘徊

我舞影凌乱

醒時同交歓

酔後各分散

永結無情遊

相期逢雲漢