ずっと一緒にいてあげれば良かったのに。

「みゃーこ、どうして土の下に埋めちゃったの?
埋めなきゃ、カラダ動かなくても、ずっと一緒にいられたのに。」

昨日ちーぼーが涙を流しながら言った。
ちーぼーはみゃーこをお庭に埋めてお墓を作っているとき、
部屋の窓からみゃーこを埋めてる私たちの姿を見てた。

そういえば、先月ひいおじいちゃんが亡くなったときも、
最期だからお別れに行くよって言っても、
「行きたくない」って車に乗るまで1時間くらい時間がかかった。

死というものを、今すごく感じているのはちーぼーだったのかな。

二匹の子猫がうちにきても、
くうちゃんやねっちのように、頻回に見たり触ったりするわけでもなく、
いつものように遠くでゲームをしてたちーぼー。

かわいがり方も、愛情表現も違うけど、
ちーぼーはちーぼーで、しっかり猫たちを家族として迎えてたんだ。

みゃーこがいなくなったことを、
こんなに寂しく思ってたんだ。

「埋めちゃうなんてかわいそうだよ、
ずっと一緒にいてあげれば良かったのに。」

そう言ってポロポロ涙をたくさん流すちーぼー。
みゃーこの分も、僕は生きるよって言ってくれたちーぼー。

死に対する受け止め方、感じ方は人それぞれ違う。
ちーぼーは今どんな気持ちなんだろう。
しっかり感情を味わって、またちーぼーが話したくなったら
たくさん話したいな。

私の思っている
死ぬってことや生きるってことを言葉で伝えても、
なんか違うような気がして。

ただただ、泣いてるちーぼーを
しばらく抱っこした夜でした。

私はずっと、一緒にいるからね。

スポンサーリンク