くうちゃんが楽しいと思うポイント

お菓子屋さんのShimizuさんと、信州あそびの杜学園さんが行おうとしている居場所づくり。
PATIO向日笑(ひまわり)の説明会にくうちゃんと一緒に行ってきました。

私は説明会、カフェミーティングと同時開催した波動リーディング体験会ブース担当。

くうちゃんの中では、もしかしたら自分に合うケーキがみつけられるかもしれないからという理由での参加。
行きの車の中で、

「くうちゃんにとっては学校に行かないことは、苦しいことでも何でもないし当たりまえだよね。

でも、中には行きたくても行けなかったり、
昔の私みたいに苦しさを感じている親もまだいると思うんだ。

私はそんな人の力に少しでもなりたいと思って
今日の場所行くんだよ。」
「ふーん、そうなんだ」

「学校ね、行きたくないのに行かされるのが僕は意味がわからなかったよ。
今ムリしてる人がいたらかわいそうだよね。大丈夫って言ってあげるよ」

そんな会話をしながら、到着。

くうちゃんは目的だったケーキを食べて、他の時間はにゃんこ大戦争や青鬼オンラインをやって遊んでる。
そして時々私が波動測定の結果を説明している横に来たり、ソファーでくつろいだり、他に来てたお子さんが

やってることを覗いたりして気ままに過ごさせてもらいました。

空間的にも、ゆったり自分の空間が保てるのもあって、居心地は良かったみたい。

くうちゃんの感想。
「楽しかったよ。また来たい。ケーキもまあまあ食べれるし。」

「どのへんが楽しかったの?」

にやっとして
「スマホのね、充電をさせてもらって、なんか電気をただで使わせてもらってさ。すごいお得な感じがしたから。」

楽しかったポイント、そこ(笑)???しかもけっこうにやにやしてるニヤリ
電気使わせて頂けたの、ありがたかったよね。

ヒトの感じ方って、本当に様々だなって思う爆  笑

赤ちゃんの頃から、楽しいポイントがどこか、探すのに苦労したことを思い出した。
敏感さもこだわりもたくさんあるから、泣くことも多くて。
電車も好きだけど、3歳児で電車で好きな部分は連結部。
連結部を求めてなら結構走った。youtubeで見てたのは、新幹線の連結動画。
3時間エスカレーターに乗り続けたこともある。
好みのエスカレーターもあって、手すりの色、長さ、速度、角度、全部わかっていたみたいで、
「青いエスカレーターに乗りたい」と言われてそれがどこのエスカレーターかわからず探し回った。

言葉で表現できるようになってありがたいなって思う照れ
だって次行くときも、充電器持って行かないと、楽しさ半減しちゃうかもしれないってことだから(笑)

くうちゃんは言葉で表現できないものを感じ取るのも得意。
くうちゃんがつらくてとげとげセンサーが働いてた時は、自分にもとげとげいっぱい刺して
その敏感さが苦しかったと思う。
リラックス状態や集中しているときのくうちゃんの敏感さは、かみさま領域と繋がってる感じがする。

今はうちに来てくれるお客さんは本当に我が家のことを理解してくれていて、
2階でセッションしたり、施術をしてて、くうちゃんが2階にあがってくると、
「あ、そろそろ終了でいいってことかな」ってお客さんも私も思ったりする。

くうちゃんが楽しいポイント、もっともっと知りたいし、これからどんどん増えていく。
そんな予感がするこの頃です照れ

Facebookページ「いいね!」

フォローする

シェアする