不登校、いきしぶりの子がいる学校の先生たちへ➀ ~くうちゃんからのことば~

僕が幼稚園や学校行きたくなかったとき、
言ってほしかった言葉はね~、

「休んでもいいよ」だね。

あんなに行きたくないって言ってたのに、
誰もそれを聞いてくれなかったしね。

さとこちゃんにも少しでも行こうって連れて行かれてたし、
何でだれもわかってくれないんだろうって思ってた。

さとこちゃんがたくさん泣いてるのも知ってたけど、
どうして泣いてるのか全然わからなかったよ。

行きたくないところに無理やり連れて行かれて、
少しでも来てねって言われ続けて、
泣きたいのはこっちなのに。

何で学校に行かなきゃいけないの?
そうやって聞いても、先生も、さとこちゃんも
言ってること意味わかんなかったし。

結局わからないまま連れて行かれて、
本当に嫌だったよ。

「休んでいいよ」

そうやって言ってくれればよかったのに。

今も、色んな人が外にでろって言うけど、
聞いてみていいねと思えば行くし、気がのらなければ行かないってだけ。

最近もさとこちゃんいっぱい泣いてたけど
何で泣いてるのか不思議に思う。

大人たちはいつも、なんか難しいこと言ってんな~って思う。
大変だね。

休みたいなら休めばいいじゃん。
嫌ならやめればいいじゃん。

僕がこう言うと、そういうわけにはいかないって言われたことあるけど、
本当にそう?

がんばりすぎてると病気になっちゃうよ。
おなかも痛くなるし、足カサカサになるし、熱もでちゃう。

休みたい子がいたら、しっかり休ませてあげてほしい。

先生も、もっと気楽に先生したらいいよ。
大人が気にしてることって、
子供からしたらどうでもいいことのが多いよ。

もっとのんびりすれば~。

スポンサーリンク