欠けてる自分を、それでいいんだって信じる!

先週のたけさんのお母さんからのショッキングな電話を受け、
一日泣きたいだけ泣いてすっきりしたかと思ったけど。

今日の夕方、くうちゃんとちーぼーの支援会議がある。

たけさんのお母さんの言葉がちらついて、
頭がぐちゃぐちゃになって、
なんだか自分がとてもこわばってるのを感じる。
ショックからまだ回復しきれていなかったみたい。

考えるのやめたいけどやめれない!
もうしょうがないや、これ。

私は今日支援会議で何を伝えたいのかな。
伝えたいことがうまく伝えられるのかな。

メモをとりながら話し合いたいことをまとめようと思うけど、
全然まとまらない。

お母さんの言葉たちと、
くうちゃんの「楽しい場所なら学校行きたい」
って言葉が行ったり来たり。
私に何ができるんだろう。

そんな無力感も感じながら、でも、
学校がくうちゃんの行きたい「楽しい場所」になるように
何か少しでも動きたい。

うれしいことに、支援会議の前に校長先生が話したいからって、
事前に少し時間をとってくれた。
気にかけてくれていて、とてもありがたい。

冷静に話せるかな。
泣いちゃうかな。
感情的になっちゃわないかな。
きついこといって、すぐどうにもならないようなこと言って、
先生たちにつらい思いさせちゃわないかな。

そんなことも考えてる私がいる。

お母さんからの電話の後、ちーぼーは抱っこ要求が増えた。
寝る前の私の横の取り合いはあっても、
日中何度も抱っこって言ってくることなかったのに。

昨日の夜から学校に行く予定があることで、ざわざわしてる私。
前回の支援会議は、意気揚々と行けたのに。

でも、母がんばる。
がんばってくる。

自信は持てないし、今はこんな自分だめなんじゃないかって
欠けてる感覚が私をとりまいてる。

でも、自信もなくて欠けてる自分を、それでいいんだって信じる!

母さとこ、がんばってくる!!

スポンサーリンク