居場所は心の中に

「どうもこんにちは~。郵便局の福山雅治で~す。」

笑いながら印鑑持って玄関のドアを開けました✨

私の大好きな郵便屋さん。
仲良くなったきっかけは、郵便屋さんが子供たちに声をかけてくれたこと。
そして、それについて私がとっても嬉しかったと気持ちを伝えたこと。

平日の昼間も子供たちがいる日常を
郵便屋さんは知ってくれてる。

私がいない時はくうちゃんが印鑑を押して郵便を受け取ってくれる。

それをみてすごいね、成長したねって声をかけてくれる。

「僕だってわかりました~?本名こっちだけど。」

「わかりますよ(笑)どうして私が福山好きだってわかったんですか?」

「あ、そうなの?それはちょうど良かった。寒くなったね。」

「ほんとですね。配達がんばってください。今日はほんと寒い雨。」

「会えたから一日心ぽかぽかだよ。がんばるね~。」

「わあ!私もぽかぽかです💕ありがとうございます!」

私のことも、子供たちのことも元気だったかと気遣ってくれて✨
本当に素敵なお方✨

記憶力の悪い私だけど、
こういう嬉しい会話はすごく覚えてる。
お酒飲んじゃうと、
嬉しい会話もなにひとつ覚えてなくて
後悔することもよくあるけど(笑)

最初は「郵便屋さん」という肩書、お仕事でしか見てなかった。
それが○○さんになって、
あったかい○○さんになって、
幸せを運んでくれる○○さんになった。

私の中で、「郵便屋さん」だったときは
通りすがりの存在だったけど、
温かいやりとりのおかげで
私の心の中に郵便屋さんのお部屋ができた。

雨風強い時は、
配達をしているだろう○○さんを想う。

○○さんから連想して、
毎朝届く新聞や、お便りがとてもありがたく感じる。

こういう気持ちの循環が、
私はとっても好き💕💕

子供の居場所づくりをっていうけど、
大事なのは箱じゃなくて人だなって思う。

地域の人や、私と関わってくれる人の心の中に、
うちの子たちの居場所があるとうれしい。

私の心の中にある子供たちのお部屋の
居心地がよくなるように、
自分が喜ぶこともどんどんしていこう✨

昨日の夜友達が、
セブンイレブンに、にゃんこ大戦争グッズ売ってたよ
って連絡くれた。

くうちゃんとちーぼーが、にゃんこ大好きなことを
覚えてくれていて、
わざわざそれを教えてくれた✨

こういう気遣いが本当に本当に嬉しい💕
ありがとう💕

新聞配達帰りにたけさんににゃんこを買ってきてもらった。
さりげなくカウンターの上に置いてあるにゃんこ。
子供たちはいつ気づくかな。

気づいたときの子どもたちの顔が
今朝の私の楽しみです✨

朝一番に咲く笑顔の花が、今日の私の朝ご飯😊
ウキウキする💕

あったかい気持ちの循環。
その循環がどんどんおこっていくといいな。

ほわんとあったかい気持ちが、
みんなにも届きますように✨

スポンサーリンク