どんな教育がいいか、答えは子供それぞれの中にある。

くうちゃんの不登園から始まり、学校へ行かない選択をして、
子育て、発達障害、学校、教育、という
それぞれの枠で考えてたこと沢山あった。
抵抗したり、右往左往して、戦っていたこと沢山あった。

でも、その枠の中だけではなくて、
もっと広げて枠をなくしていくことでつながっていく。

そのつながりができれば、それぞれの枠の中にあることも
もっともっと生かされていく。

何となく最近はそんな気がしてる。

思い切って引っ越して、学校を選んだほうがいいと考えていたこともあった。
色んな考え方、教育方法があるし、それぞれのフリースクールの考え方とかも
検索したり、勉強したり、リサーチもしてきた。

でも、その型に目が行き過ぎると、
子供自身が見えなくなることもある。

そんなことを感じてリサーチすることをやめた。

どんな教育がいいのか、どんな学びがいいのか
どんな生き方がいいのかの答えは
子供それぞれの中にあるんだろうなって思う。

だからやっぱり、選択肢が増えることは必要だと思う。

私の中のこれがいい、と
子供の中のこれがいいはもちろん違う。
子供ひとりひとりも違う。

私の世界も大事にしながら、
子供たちの世界も大事にする。

それぞれの世界がうまいこと交わっていくといいな✨

今日はくうちゃんと一緒に、
星座の傘を作りに学校へ行ってきました。

珍しく興味を持ったみたいで。
みんなが受ける授業に一緒に参加したのは
1年生以来だ!!

私も夜空は好きだから嬉しい☆彡

こうやって行きたいときがあれば行く。
それが我が家の自然体です(^^♪

次男ちーぼーがさっきから、
「パ パ パ パ パ パ  パンダぁ」
って言ってる(笑)

彼の世界は未知で面白い💕
子供たちの世界、のぞき見してみたいな✨