子供たちに芽生えた親心

一時は死んじゃうかと思ったにゃー助🐈

歯もたくさん生えてきて、
てけてけてけって、かわいく小走りするようになって、
ダッシュしたり、よじ登ったりもするようになって、
じゃれて遊ぶようになって、
垂れてた耳がピンってたつようになって、
トイレでおしっこうんちもできるようになった。

たくさんの成長を見せてくれました。

にゃー助の成長はもちろんすごく嬉しいし、
超癒しだし、
かわいくてしょうがない💕

そこにプラスして、
にゃー助をかわいがる子供たちがまたかわいくて💕✨

声のトーンも変わって、吐息交じりに
「にゃー助かわいいなあ💕」って言うこどもたち。

くうちゃんは、自分の服のなかに入れて
常に一緒に居たがる。
カンガルーケアをずっとしてるみたい。
パソコンでドラクエやりながら、
お腹のとこや首回りににゃー助を感じながら楽しんでる。

ちーぼーは触ったりするのは少し控えめだけど、
夜中もにゃー助が呼んでるよって教えてくれたり、
自分の好きなおもちゃで一緒に遊ぼうとする。
ミルク飲むこの角度の顔がすごくかわいいって
シャッターチャンスを狙ってる。

ねっちはすごいぐいぐいの愛情表現。
連休入ったらにゃー助は寝不足。
寝ててもすぐ起こされる。
ぐいぐいすぎて、兄たちや私に止められると
怒って「もうにゃー助嫌い!」って
泣きながらにゃー助にやつあたり。

子供たちは日中も夜中もにゃー助のことを
頭に置いていて、
そろそろミルクじゃない?
おしっこ大丈夫かな?ってお世話してくれてる。

「もふもふでかわいいにゃー助っ💕
にゃ~すけ~💕」
ってにゃー助にすり寄る子供たちが
超かわいい✨✨✨

くうちゃんが、子猫の親になる!!
って言ったときは、正直結局全部面倒見るのは
私かな~って思ってたけど、
そんなことなかった。

しっかり、親っぽい気持ちが育ってくれてる。

ミルクが30分から1時間おきで
何とか生きて!!って必死だった時は、

「僕、ゲームしてればいくらでも起きてられるから、
さとこちゃん、ちょっと寝なよ。
ミルクの時間になったら起こしてあげるから。」
そんなことも言ってくれてた。

子供たちが夜中泣いていても、
我関せずで
背中を向けて寝なおしたり、
むしろ部屋まで変えて一人で寝ていたたけさんとは大違い(笑)

生きてられることが当たり前じゃないんだな、
そんなことも学ばせてもらって、
いのちの大切さを学ばせてもらった。

今も子供たちは、みゃーこの分も、
にゃー助は生きてほしいって口に出す。
みんなで守ってあげないとって。

みゃーこもしっかり、心の中にいる。

子供たちの手足にじゃれつくにゃー助。
この夏に出会った素敵ないのちの宝物✨🐈

にゃー助も、子供たちも、よくがんばってくれたよ、ほんと。
ありがとう✨💕ありがとー💕

スポンサーリンク