英単語を覚えられない受験生のために。

コーパス4500。見出し語2000を一気に確認!

大学受験を間近に控えた受験生のみなさん。

「やっても覚えられないから英語は捨てて他の勉強をする!英語の単語の暗記に時間を割くのはもったいない!」

英単語の暗記をあきらめてしまっている人は多いかと思います。

ですが、英語の成績を上げるためには単語を覚えることが一番の近道です。

単語集を1冊覚えれば、偏差値は普通に60を超えると思います。

逆に言うと、単語を覚えちゃえば偏差値60を超えるので、とってもわかりやすい勉強法だし効率的な勉強法だと思います。

そうは言うものの、単語集を開くとたくさんの英単語とそれらの意味が複数記載されています。

単語集は厚いし、意味もいっぱいあるし、単語集を開くと気が滅入ることと思います。

実際単語を覚えても、しばらくすると忘れていきます。

学校では、1冊の単語集を1年かけて覚えさせるということはよくありますが、1年たつと最初に覚えた単語はもう忘却の彼方です。

「単語集は1年かけて覚えるもの」と思い込んでしまっている生徒さんも多いのではないでしょうか。

がんばって一冊覚えようとしても、途中で疲れちゃって最後まで行かない人も多いと思います。

ひとつひとつの単語をしっかり覚えるよりも、単語集を読む感じでなるべく早い期間で通読してしまうことをお勧めします。

1週間から1か月で読めればいいかなと思います。

「今日は英単語の日!」と決めて、1日集中して読み切ってしまうのもよいかと思います。

その際注意することは、もちろん覚えながら単語を確認していくわけですが、「ちゃんと覚えようとしないこと」です。

一応もう一度言いますが、覚えようとしてください。

でも、「ちゃんと」覚えようとしないでください。

よく、「覚えようとすると覚えられないので、覚えないようにする」という言葉を耳にします。

ですが、当然なことですが、覚えようとしないと覚えられません。

もちろん、そんな短期間でちゃんと覚えられるはずがありません。

なので、覚えられなくていいです。

ちゃんと単語を覚えようとすると、その単語だけに多大な時間をかけてしまい、勉強の流れがそこでストップしてしまいます。

何事もそうではありますが、勉強は勢いと流れが大事です。

流れを止めず継続してください。

そういう意味で、「覚えようとしないでどんどん覚えていく」必要があるわけです。

そして、単語集を最後まで読み切ってください。

そして、2回目の暗記作業に入ってください。

「1回やって終わり」にしないでください。

「1回でちゃんと覚えてもうやらない」という生徒さんをよくみかけます。

で、確認させてもらうと結局覚えることができていません。

1回で覚えられる人もいるのかもしれませんが、通常、忘れては覚えなおし、忘れては覚えなおし、の作業を繰り返していくことでちゃんと覚えていくものだと思います。

ちなみに暗記は英語も日本語(単語の意味)も、声に出して覚えることをお勧めします。

呪文のように唱えましょう。

普通の声で唱えると酸欠になりますので、つぶやきでいいと思います。

いずれは目新しかった単語が当たり前になっていきます。

回数を重ねていくと通読時間が早くなっていきます。

覚えてない単語をチェックしながら進めて行きましょう。

チェックを入れた単語集だけピックアップして覚えていけば、さらに効率的です。

読み終える時間が早くなったということは、暗記も順調に進んでいるということを意味します。

「ちゃんと覚えられているのだろうか」と疑心暗鬼にならず、安心して暗記作業を進めてください。

慣れてしまうと100単語を5分で確認できるかと思います。

1500語の単語集なら、75分で確認できてしまう計算になります。

アプリで英単語を覚える手段もやり方によっては有効かと思いますが、アプリは暗記作業のスピードがとても遅くなります。

その点、本は早いです。

でも、本でもページをめくる時間と手間がストレスです。

できれば、覚えてない単語を一枚の紙に書きだし、部屋の壁など見えるところに貼って、ちょこちょこ覚えなおしていくとよいかと思います。

ここでは、コーパスの見出し語を挙げてみましたが、暗記のストレスを極力減らすため、代表的な意味のみを表記しております。

「~を」などといった、他動詞・自動詞の区別も省略しております。

単語集の内容を全て完全に覚える必要はないと思います。

単語集はちゃんとした知識を読者に伝えなければならないため、あんなに厚いものになってしまいます。

細かいことは後で確認しましょう。

派生語とかも後回し。

とにかく、見出し語を一つの意味で早いところ覚えてしまいましょう。

もちろん、複数意味を覚えなければならない単語もたくさんありますが、一つ覚えられないと二つ目の意味も覚えられません。

1つ意味を覚えてしまえば、2つ目も覚えやすくなります。

派生語や熟語も覚えやすくなります。

長文を読む余裕も出てきます。

結果的に英語の学習効率が上がり、英語が得意になっていき、偏差値60を超えていきます。

以下の単語をワードなどにコピペして段組みなどレイアウトを自分が見やすいように直してからプリントアウトして暗記するとやりやすいと思います。

それでは、単語をどんどん「覚えないようにして覚えて」いきましょう。

1~100語

1.say

言う

2.It is said that …

と言われている

3.say to oneself

つぶやく

4.that is to say

すなわち

5.to say nothing of

言うまでもなく

6.explain

説明する

7.describe

描写する

8.product

製品

9.produce

生産する

10.create

生み出す

11.establish

設立する

12.invent

発明する

13.leave

去る

14.leave behind

置き忘れる

15.arrive

到着する

16.develop

発展する

17.improve

改善する

18.replace

置き換える

19.progress

進歩

20.cause

原因

21.result

結果

22.as a result

結果として

23.result in

という結果になる

24.rule

規則

25.make it a rule to

することにしている

26.rule out

否定する

27.base

土台

28.principle

原則

29.fundamental

根本的な

30.however

しかしながら

31.though

だが、

32.even though

たとえ…でも

33.although

だが、

34.spend

費やす

35.earn

稼ぐ

36.expensive

高価な

37.cheap

安い

38.income

収入

39.luxury

ぜいたく

40.feel

感じる

41.feel like …

が欲しい

42.feel like doing …

したい気がする

43.perceive

気づく

44.smell

においがする

45.taste

味がする

46.rise

上がる

47.give rise to

引き起こす

48.raise

上げる

49.height

高さ

50.choose

選ぶ

51.decide

決める

52.determine

決定する

53.serious

深刻な

54.significant

重要な

55.major

主要な

56.minor

重要でない

57.education

教育

58.train

訓練

59.graduate

卒業する

60.common

共通の

61.normal

普通の

62.ordinary

普通の

63.regular

規則的な

64.routine

決まりきった

65.culture

文化

66.civilization

文明

67.industry

産業

68.follow

ついていく

69.accompany

同行する

70.attach

取り付ける

71.individual

個々の

72.personal

個人の

73.identity

身元

74.increase

増える

75.decrease

減る

76.add

加える

77.reduce

減らす

78.amount

79.search

探す

80.in search of

探して

81.seek

探す

82.discover

発見する

83.move

動く

84.advance

進歩

85.in advance

前もって

86.shift

移す

87.save

救う

88.contribute

寄付する

89.require

必要とする

90.demand

要求

91.succeed

成功する

92.fail

失敗する

93.mistake

間違え

94.by mistake

間違えて

95.error

間違え

96.loss

失うこと

97.at a loss

途方にくれて

98.whether

~かどうか

99.unless

もし~なければ

100.form

101~200語

101.shape

102.fat

太った

103.ugly

醜い

104.continent

大陸

105.coast

海岸

106.shore

107.sail

航海する

108.nature

自然

109.by nature

生まれつき

110.ecology

生態学

111.pollute

汚染する

112.environment

環境

113.conservation

保護

114.emission

排出

115.win

勝つ

116.lose

負ける

117.defeat

敗北

118.media

メディア

119.publish

出版する

120.broadcast

放送

121.advertise

宣伝する

122.author

著者

123.especially

特に

124.particular

特別の

125.in particular

特に

126.state

状態、言う

127.remain

ままでいる

128.lean

傾く

129.raw

生の

130.pure

純粋な

131.meet

会う

132.encounter

遭遇する

133.consist

成り立つ

134.part

部分

135.in part

ある程度

136.take part in

参加する

137.factor

要因

138.element

要素

139.item

項目

140.detail

詳細

141.remember

覚えている

142.forget

忘れる

143.associate

連想する

144.be associated with

関わっている

145.consider

よく考える

146.suppose

思う

147.be supposed to do

することになっています

148.suspect

疑う

149.provide

供給する

150.devote

ささげる

151.offer

申し出

152.supply

供給

153.rate

154.proportion

割合

155.nearly

ほとんど

156.expect

予期する

157.predict

予言する

158.avoid

避ける

159.approach

近づく

160.contact

接触

161.access

アクセス

162.medical

医療の

163.medicine

164.disease

病気

165.patient

患者

166.research

研究

167.practice

練習

168.experiment

実験

169.acquire

得る

170.influence

影響

171.effect

効果

172.come into effect

施行される

173.take effect

効く

174.affect

影響する

175.profound

深遠な

176.spirit

精神

177.imagine

想像する

178.mental

心の

179.force

180.electricity

電気

181.agree

同意する

182.object

反対する

183.oppose

反対する

184.approve

賛成する

185.protest

抗議する

186.include

含む

187.contain

含む

188.absorb

吸収する

189.order

注文する

190.in order to

するために

191.out of order

故障して

192.release

解放する

193.restrict

制限する

194.impose

課す

195.notice

気づく

196.regard

見なす

197.with regard to …

に関して

198.belong

所属している

199.represent

代表する

200.audience

聴衆

Facebookページ「いいね!」

フォローする

シェアする