現実化させたい願望はエゴなのか?エックハルトトール。

エックハルトさんのサイトより。

質問:個人的な意思と生命の自然な流れとの間にどのようにバランスを見出せばよいのでしょうか?

今この瞬間と整合性を持つことによって、宇宙の意思とも整合性を持たせることができます。

宇宙の意思とは神の意思とも言えますね。

宇宙と分離してしまった意思を持たないようにしてください。

今この瞬間と分離してしまった意思は、自分自身の感覚を強めていきます。

分離した意思は、「私」というエゴのことばかり考えています。

しかし、そこには、神聖な意識、ワンネスという意識、進化への衝動があります。

いまここで各瞬間において、私たちがしていることは、そういった意識と整合性をとることを目的としています。

抵抗をしないこと。

それがとても重要です。

今この瞬間に抵抗を続けている限り、エゴの罠が作るちっぽけな意思から抜け出せません。

エゴによる意思は今この瞬間に降参することがいずれ必要となります。

内側にあるものと整合性を持たせたとき、最初は弱々しいものに見えると思います。

成果を出せる活動に移ることを妨害するものに見えるかもしれません。

しかし、それを受け入れることが、今この瞬間があなたに求めていることの全てです。

あなたが創造したいもの、表現したいもの、したいこと、全てを今この瞬間に整合性を持たせる必要があります。

今この瞬間と整合性を持つためには、まず今この瞬間に生じていることを全て受け入れる必要があります。

今この瞬間に生まれてくるものだけに整合性を持たせてください。

例えば、あなたが病気のとき、「この病気を受け入れる必要がある。私は病気であり、病気で苦しんでいるという事実を受け入れる必要がある。」とは言わないでください。

なぜなら、それは全くもって概念上の物語だからです。

あなたが受け入れるべきものは、今この瞬間になされているものです。

事実上、病気は今この瞬間に存在していません。

ただ肉体的な状態があるだけです。

それは痛みかもしれないし、弱っている状態かもしれないし、障害や不快さかもしれません。

こういったことがそこには展開されていて、あなたが受け入れるべきはそのような状況だけです。

それが展開されているその瞬間を受け入れます。

どこかで泥沼にはまってしまったとき、「大丈夫、私はどろの中。私はそれを受け入れます。そして、私はここにいます。私はそれを受け入れたので何もしません」とは言わないでください。

この瞬間はすでに常にそこにあるものです。

それについてあなたが何かをすることはできません。

それがあなたが受け入れるべきものです。

それから、するべきことが違ったエネルギーの流れとして沸き起こってきます。

あなたがしていることに流れ込んでくる意思はもはやエゴではなくなっています。

今この瞬間を受け入れていない時は、意思は宇宙に反したものになっています。

それがエゴの作用です。

それはネガティブなものであり、エゴが否定するものと闘い始めます。

ネガティブでいるときエゴの罠にはまっています。

この「ちっぽけな意思」は、もっとパワフルな意思に席をゆずる必要があります。

パワフルな意思は、状況に対してエネルギーの流れを作り解決してくれます。

パワフルな意思には創造性があり、全体との分離がありません。

全体と同一のものです。

全体性が働いているとき、宇宙の意思は知性と言うこともできます。

この瞬間の状態を完全に受け入れて状況を見たときにだけ起こることです。

そのあともちろん必要とされる行動が起こってきます。

受け入れを通して、一度それが起こると、次にあなたがとるステップはよりパワフルなものとなります。

仏教用語で「正しい行い」という言葉があります。

正しい意識の状態のときにだけ、「正しい行い」は可能となります。

正しい行いをする前に、まずはエゴから抜け出してください。

仏陀は意識が目覚めた状態について話をしています。

ちっぽけな意思に降参を求めるということは、今この瞬間にイエスということです。

それはそんなに大したことではありません。

それはすでにそこにあるだけだからです。

ただ状況にイエスと言うだけです。

そこにあるだけのものになぜ不平を言うのでしょうか。

それはばかげたことでもあり正常なことでもあります。

状況に不平を言わなければエゴを手放すことができます。

状況と整合性をとることです。

人々、状況、なんでも。

これはすでにそこにそのままあるものです。

それは必然的にあるものです。

そこにあるものに友好的になることによって、はじめてあなたは知性となることができます。

今この瞬間という必然性に降参するという簡単な行為によって、別のエネルギーが生まれます。

それを宇宙の意思とも知性とも創造的な解決法とも呼ぶことが出来ます。

それはいわゆる問題と呼ばれるもの全てを解決する力があります。

思考という限られたパワーよりもずっと偉大なパワーが流れ込んでくるように感じます。

思考を使ってはいるんですが、突然、状況を解決する的を得たことを言いはじめます。

突然言葉がやってきます。

その言葉はどこからやってくるのでしょうか。

あなたは次に言うべきことを知りません。

知性が考えてくれているからです。

それは深いところからやってきます。

あなたと宇宙が同一になることによって、宇宙はあなたを通して創造を行います。

それは美しいものです。

整合性がとれていないとき、それは従来の形あるものとなります。

目覚めていない状態の人たちが持っているほとんどの思考は、古い思考の繰り返し、条件的思考、過去による条件によって縛られています。

降参し思考を明け渡すという簡単な作業によって、思考を道具として使うことができるようになります。

それから、新しい元来の新鮮な思考がやってきます。

これが形あるものの創造です。

思考の誕生は形あるものの誕生を創造します。

宇宙はあなたを器として、創造の通り道として、使うようになります。

あなたは全体です。

宇宙はあなたの思考を使い、思考となり、言葉となり、形となります。

これが実質役に立つ道具として思考を使えるようになる方法です。

全体の意識である、より偉大な知性と整合性をとることでそれが可能となります。

これは全ていまこの瞬間に始まるものです。

あなたとこの瞬間との関係性から始まります。

友達ですか?敵ですか?

それと整合性を持ちますか?それとも、抵抗し戦いますか?

これがエゴの終焉です。

エゴは抵抗を必要としているからです。

エゴは不平を言うこと、否定すること、何かを欲することで生き残りをかけてきます。

今この瞬間は先生です。

先生と作業をしてください。

それがあなたが必要とするすべてのことです。

本当に。

これがちっぽけな意思の終焉です。

とにかく、ちっぽけな意思に大した力はないです。

ちっぽけな意思が創り出せるものといったら、問題ばかりです。

それはとても簡単に見えます。

というか簡単です。

なのにまだ数千年による習慣から多くの人たちが「今この瞬間にいるのは難しい、それを受け入れることができない」と言っています。

もちろん、その反対も真なりです。

困難であることを受け入れているので困難な人生になっています。

あなたの受け入れたものがあなたの今この瞬間になります。

それ以上のものではありません。

あなたの必要なものはなんですか?

それが現実化していないなら、あなたはまだ真実の知性ではありません。

シンプルな今という空間を抱くと、意思とは違った一見外から状況を変えているように見える他の要素が動き始めます。

あなたは全体性の知性を活性化させました。

知性は必ずしも形を通して現れるものではありません。

突然何かによって助けられたとか、会いたい人が突然現れたとか、知性はシンクロニシティとして話題が出ます。

大抵は奇跡的な内容で話されるのですが、シンクロは自然なことなのです。

多くの人が奇跡にまだ慣れていないので、シンクロを奇跡として取り扱います。

より偉大な知性は、IQテストで計測できるような概念的な知性とは違います。

より偉大な知性は、概念ではない知性です。

概念的な知性は情報を保持し解析し比較し活用していく能力のことです。

それは知性のほんの一部のことでしかありません。

概念ではない知性は広大なものです。

私たちの目的はその知性を使うことにあります。

そして、世界が素晴らしい作品となります。

クリエイティブな作業をしているときに使う知性だけにかぎりません。

どんなクリエイティブなものも閃きがあり生きていて質があり新しく新鮮です。

内側にある静寂に意識を払うとき概念ではない知性と結合することができます。

誰もがもともと持っているものです。

これが真実の知性です。

それにつながっているときのあなたの知性はIQテストで測れるようなものではありません。

究極的に、あなたの創造性は計り知れません。

よくあることなのですが、今この瞬間にある形あるものは、あなたの生活を制限し自由がピン止めされているように見えます。

肉体は病気になるし、動くのが難しくなります。

なにか劇的なことが起きた時、今この瞬間を受け入れる練習をしていたなら、あなたの生活にいくらかの空間が入り込んでくることでしょう。

「あぁ、これがそれか」とあなたは言うと思います。

ちょっとした空間が開かれるとき、あなたはもはや抵抗を続ける単なる存在ではありません。

そのとき、あなたは自分が本質的に形のない空間であったことに気づきます。

言い換えますと、あなたは内なる平安を見出しています。

その平安には力があります。

それはとても力があるので、全てのものをほとんど消し去ってしまいます。

平安とはあなたの内側にある形のないものです。

形あるものを受け入れることによって、あなたの内側にある形のない世界が開かれます。

なにか良くないことのように思えるものである制限が、このようにして真実のあなたに気づかせてくれます。